帰化/国籍取得専門の行政書士事務所。特別永住者の方を始め、韓国・中国・台湾・フィリピン・その他の国籍の方の東京・横浜・関東一円の帰化申請/国籍取得手続専門。横浜地方法務局そば。
コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • 条件

条件

帰化の条件-重国籍防止要件・憲法遵守条件

帰化申請の条件である「重国籍防止要件」及び「憲法遵守条件」について、説明しています。

帰化の条件-生計要件

帰化の条件の一つである生計要件。国籍法では、「自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によつて生計を営むことができること」を帰化の要件として定めています。

帰化の条件-素行条件

帰化の条件の一つである「素行要件」。交通違反の有無、納税義務の履行、法律の違反の有無等、様々な角度から素行要件を満たしているか審査されます。

帰化の条件-能力条件

帰化申請には、「二十歳以上で本国法によつて行為能力を有すること」という「能力条件」という要件があります。居住要件と同様、こちらもある特定のケースで要件が緩和されます。

帰化の条件‐居住要件(緩和される場合)

帰化の条件が緩和される場合があります。ある特定のケースでは、年齢が20歳を達していなくても帰化申請できますし、居住要件や生計要件が緩和される場合もあります。

帰化の条件-居住要件

帰化には「居住要件」「生計要件」「能力要件」「素行要件」「重国籍防止要件」「憲法遵守要件」という条件に加え、日本語の読み書きができることが求められています。次回は条件が緩和されるケースをお話ししたいと思います。

PAGETOP
Copyright © トライスター法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.