帰化申請の予約はお早目に

あっという間に2023年も終わりを迎えようとしています。

来年こそ帰化しよう!と考えている方には、法務局への早目の予約をお勧めします。

東京法務局での相談・申請予約は、まさかの

6か月待ち!*

これは、今月初旬に電話で問い合わせた際の法務局からの回答でした。

早目に書類の準備をしたい、と思っていても、有効期限が短いもの(住民票や戸籍等)は、いつ頃取得すればいいのか、悩ましいところです。

ちなみに、横浜法務局では、大体3カ月待ち*というところです。

通常の帰化申請の流れは、

  1. 法務局に予約をして、面談(事前相談)を受ける。

  2. 書類を揃えて、法務局に申請(または書類点検)の予約をする。

  3. 書類が揃っていれば申請受付。そうでなければ、再度申請予約をする。

  4. 申請受付。後は結果を待つのみ(審査中に追加書類の指示がある場合あり)。

帰化申請は通常、申請から結果が出るまで、9か月以上かかります。

申請までに6か月以上。

申請後、結果が出るまでに9か月以上。

私が帰化専門行政書士となってから、もうすぐ15年になりますが、これだけの混み具合は異常だなと感じます。

東京法務局、横浜法務局が申請先となる方は、なるべく早めに予約を入れてください。

弊所では、よほどのことがない限り、法務局での事前相談を受けていただいておりません。

その分、早く申請を受け付けていただくことが可能となっています。

時間的になかなか法務局での事前相談を受けることが難しい、なるべく早く帰化したい、という方は、弊所の無料相談をご活用ください。

*2023年12月13日現在の情報です。