外出を自粛する方が多いと思いますが、この機会に帰化について調べてみようと思う方もいらっしゃると思います。

弊所が運営しているサイト「韓国書類取寄・翻訳センター」では、帰化や相続等に必要となる書類の取寄、翻訳のご依頼を承っております。

帰化のご依頼をいただいた場合は、追加料金なしで取寄、翻訳を行っておりますが、取寄、翻訳のみを依頼したい、というお客様もいらっしゃいます。

その際によくあるご相談が・・・

「手元にハングルで書かれた書類があるが、何なのか分からない・・・」

というものです。

ハングルで書かれた書類があるが、これが帰化(相続など)に使用できるのか、そもそも手元にあるこれは何なのか。

また、

「何を集めればいいのか分からない・・・」

という方もいらっしゃいます。

何かよくわからない書類がお手元にある場合は、見せていただくのが一番早いのですが、電話でのご相談には、簡単な質問をさせていただき、何をお持ちなのかを判断しています。

その上で、他に何が必要なのかを説明させていただいています。

何をどうすればいいのか、まったく分からない、という方には、手続きの流れや、通常必要となる書類の種類を説明させていただいています。

ちなみに、帰化申請に必要な書類は(分かりやすいよう、単語と単語の間を空けています)

・除籍 謄本(제적 등본 )

・基本 証明書(기본 증명서 )

・家族 関係 証明書(가족 관계 증명서 )

・婚姻 関係 証明書(혼인 관계 증명서 )

・入養 関係 証明書(입양 관계 증명서 )

・親養子 入養 関係 証明書(친양자 입양 관계 증명서 )

です。

上記のハングルが何となく分かれば、自分が何を持っているのか、判断できますね(^-^)。

ご相談はお電話、メール、zoom等でお受けしております。

さらに詳しい内容についてのご相談やお問い合せは、こちら