栃木での申請には、事前相談が必要とのことでしたので、事前相談を経て、再度、栃木の法務局へ出張してきました。

法務局はこじんまりとしていて、担当官もなんだかほのぼのした感じ(^-^)。

それぞれの法務局は、独自の必要書類一覧表を作成されているのですが、今回の栃木の場合は、通常求められるもの以外の書類が必要でした。

今回の申請者は、日本人の配偶者なので、通常、日本人の方の戸籍謄本が必要となります。

戸籍謄本があれば、婚姻届記載事項証明書は不要なはずなのですが、両方提出してくれとのことでした。

また、納税証明書についても、住民税や所得税の納税証明書以外のものを求められたりしたので、法務局もいろいろだな~と再認識しました。

帰化申請のお問い合わせをいただく際には、住所地(詳しい住所までは不要です)を教えていただければ、より詳しくご説明できるかと思います。

 

さらに詳しい内容についてのご相談やお問い合せは、こちら