帰化申請したいという方は、圧倒的に韓国籍の特別永住者の方が多いのですが、時々、フィリピンの方のご依頼を受けることがあります。

先日もフィリピンの方(O様)の帰化のお手伝いをさせていただいたのですが、この方は、数年前に数回法務局を訪問したことのある方でした。

ご相談をお受けした際には、法務局で取得するよう指示された書類をほとんど持参されていたので、「ご自身で申請できるんじゃないですか?」とお話しさせていただきました。

でも、なかなか短期間で書類を一気に集めることができず(有効期限があるものがありますしね・・・)、帰化のために時間を割くことができなかったようです。

O様は、何と(!)、行政書士を目指したことがあるとのことでした(^-^)。

親近感がわきますね~。

 

さて、O様は数回法務局を訪問されたことがあるので、その際に手渡される、必要書類リストを持参されていました。

拝見すると、そのリストの中に「国籍証明書」と書かれていました。

現在、フィリピン大使館では国籍証明書は発行されません(Declaration of Philippine Citizenship は発行されます)。

その代わりとして、申請者の出生証明書に認証を得たもの(いわゆるレッドリボン)が必要となります。

ちょっと手間がかかるようになったって感じでしょうか・・・。

国籍毎に必要な書類が異なりますので、是非お問合せくださいね!(090-7885-0526におかけいただくと、帰化担当者と直接話しができます)。

さらに詳しい内容についてのご相談やお問い合せは、こちら