当事務所は横浜第2合同庁舎の近くにありますので、横浜に在住の方の帰化申請のご依頼をいただくことが多いのですが、遠方の方の帰化申請のご相談をいただくこともあります。
今回は、尼崎の方のご依頼でした。

関東の方では、事前相談なく、書類が整っていれば一度で受け付けていただけることも多いので、できるだけお客様の負担がないよう(会社員の方などは、会社をしょっちゅう休むわけにはいかないですものね)、一度で受け付けていただけるよう、書類を整えるようにしています。

でも、昔一度、「すべて書類はそろっていますが、もう一度来てください」と言われた法務局もありました・・・。

また、「申請受理までには4~5回は通ってもらうよ~」なんて言われた法務局もあったりで(結局2回目で受け付けてもらえましたが)、どうして法務局によって、こう違うんだろう・・・と思うことがあります。

尼崎の方では、まず事前相談を受けてくださいとのことでしたので、書類を整え、お客様にお渡ししました。

今回は同行不要とのことでしたので、お客様ご自身で法務局に出向かれ、相談を受けられました。

その後、担当の方とお話しをさせていただいのたのですが、「書類が見やすく整えられていてわかりやすかったです」とのお褒めのお言葉を頂戴しました♪

私は、行政書士試験に合格し、某行政書士法人に採用していただいた当初から、帰化を専門にしています。

お客様が帰化の許可を受けたという報告を受けるときがなにより嬉しく、励みになっています。

この、尼崎の方も、早く帰化許可されるよう、サポートさせていただきたいと思います。

A-1猫社会の行政書士を目指しているユキマサ君です。

さらに詳しい内容についてのご相談やお問い合せは、こちら