素行が善良であること

素行が善良と言えるには・・・

交通違反などがないこと
人身事故、物損事故等起こしていないこと。軽微な違反でも度々起こしていては、素行が善良とは言えません。

住民税、所得税等を滞納していないこと
住民税の場合、会社員の方は、給与から天引きされていることと思います(特別徴収と言います)。
天引きされていない場合、自分で手続きを行い、住民税を支払わなければなりません(普通徴収)。
申請時には、完納済の納税証明書の提出が必要です。

会社経営者の方は、納税義務を履行していること
法人税、事業税等、納税証明書の提出が求められます。
「重加算税」や「過小申告」等の記載があれば要注意です。
 
年金を納めていること
こちらは年々厳格に調べられるようになってきています。
ある一定の滞納分の納付が必要となります。

犯罪歴がないこと

入管法違反等の違法行為がないこと

帰化を申請する者、あるいはその親族が暴力団に加入していたり、密接に関わっていないこと

許認可あるいは登録を必要とする職業(飲食店経営や医師など)を無免許で行なっていないこと

「数年前に交通事故を起こしてしまったが、申請できるだろうか・・・」
「年金を全く納めていなかった・・・」
等々、何か気になることがありましたら、当事務所にご相談ください。
今すぐ申請できなくても、要件を満たす時期について、お話しさせていただきます。

さらに詳しい内容についてのご相談やお問い合せは、こちら