ビザの更新が煩わしい・・・
日本人と結婚したので、このままずっと日本で暮らしたい・・・
それぞれ理由があると思いますが、安定的に日本で暮らし続けたい、と考えた時に2つの選択肢が考えられます。

「永住」か「帰化」かどっちがいいの?
ご相談にいらっしゃるお客様の中でも、どちらがいいのか悩まれる方がいらっしゃいます。

「永住」は日本において外国人、「帰化」は外国籍を放棄し、日本人になることです。

永住のメリット

・在留期限がなく、更新の必要もありません。

・就労活動の制限がないため、単純労働も行うことができます。

・住宅などのローンを受けやすくなります。

・配偶者と死別、離別した場合でも、在留資格の変更をすることなく、安定的に継続して日本に在留することができます。

永住のデメリット

・犯罪や法律違反等を犯し、退去強制事由に該当した場合、強制退去処分を受ける場合があります。

・参政権が認められていません(一部公共団体を除く)。

 

帰化のメリット

・参政権が認められます。

・ビザの更新手続きの煩わしさから解放されます。

・多くの国にビザなしで渡航することができます。

帰化のデメリット

・母国へ帰省するのにビザが必要となる国もあります。

・日本は二重国籍を認めていないので、元の国籍を失うことになります。

・相続の際に適用される法律に注意する必要があります(日本の法律と母国の法律との違い)。

尚、永住申請は入国管理局に申請、帰化申請は法務局に申請することになります。

帰化には手数料がかからないのに対し、永住が許可された場合は手数料として8,000円かかります。

一旦帰化すると、元の国籍に戻ることが難しい国もありますので、永住、帰化、どちらを選ぶのかは、慎重に判断していただきたいと思います。

 

次回は帰化の条件についてお話したいと思います。

さらに詳しい内容についてのご相談やお問い合せは、こちら