官報

帰化申請後、許可を得るまで、早い方で7か月位(この頃、こんなに早く結果出る人、いないな~・・・)、遅い方で1年以上かかるのですが、今回許可された方も、少し時間がかかったような気がしました。

毎日官報をチェックしていますが、今回はお客様の方が先に官報でご自身の名前を見つけられたようで、お客様からの連絡で許可が出たことを知りました(朝早くにチェックするべきでした!)。

 

家族の中で全員が帰化しない場合、例えば・・・

申請人:外国籍(技術・人文知識・国際業務 いわゆる就労ビザですね)から帰化

配偶者:家族滞在

このような場合は、申請人が帰化許可がされれば、日本人の配偶者、ということになりますので、「日本人の配偶者等」というビザに変更することが必要です。

そうすると、家族滞在の場合は、資格外活動許可を得て週28時間までの就労が許されていたのが、就労の制限がなくなりますね♪(もちろん、法で制限されているお仕事はできません)

 

これからの帰化申請は、もしかしたらコロナの影響で審査が長引くかもしれないな~と、心配していますが、引き続き、ご相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

さらに詳しい内容についてのご相談やお問い合せは、こちら